総量規制対象外のキャッシングは、どこ?

総量規制ってなに?

缶ジュースを買いたいのに10円足りないから友人に借りる、なんてことは小さい頃よくありましたよね。もちろん借りたお金は返さなくてはいけないので、例え10円でも返さなくてはいけません。

数百円程度であればそこまで気にならないでしょうが、万単位のお金となると友人や家族に相談をするのも気が引けるもの。そこで頼りになるのがキャッシングローンです。

クレジットカードや銀行キャッシングを利用してお金を借りる方法ですが、1つ問題があります。それが総量規制です。そこで、まずは総量規制について確認をしてみましょう。


年収の3分の1以上の借り入れはできない

お金を借りたいと思った人が、誰でもいくらでも借りることが出来るというわけではありません。どこに申し込みをしても審査というものがあります。その審査において年収が大きな鍵になるのです。

実は原則として借りる人の年収の3分の1以上の借り入れはできない決まりになっています。それが総量規制です。

ただ自動車ローンや住宅ローンなど総量規制の例外になるものもありますが、キャッシングでは年収の3分の1以上のお金を借り入れしようとしても、審査に落ちてしまうのです。

そこでポイントになるのが総量規制対象外の金融機関です。これは名前の通り、総量規制の対象外になっているところからお金を借りるということ。実は総量規制対象に設定されていない、ある程度柔軟に対応してくれる金融機関があるのです。

消費者金融は総量規制対象外ではない

お金を借りると言うと消費者金融を思い浮かべる人も多いでしょう。確かに手軽で便利、即日審査・即日融資のところが沢山あります。コンビニのATMで取引が出来るところも多く、急にお金が必要になった場合にも対応することができます。

ですが、その消費者金融は借りやすいがゆえに総量規制の対象になっています。つまり年収の3分の1以上の高額なお金を借りたい場合、借りることができないケースが出てくるわけです。

その点、銀行は総量規制の対象外なのです。借りたい金額が年収の3分の1以上になるという場合は、総量規制の対象外になっている銀行のローンに申し込みするようにしましょう。

もちろん総量規制の対象外だからといって、お金を絶対に借りることが出来るというわけではありません。先程もお話をしましたが、ポイントは審査であり、審査に通らなくては融資を受けることはできないのです。銀行が総量規制から外れているのは、審査が厳密に行われるからなんですね。

収入証明書が不要なところもある

銀行キャッシングの申し込みもインターネットで簡単に出来るところが増えています。申し込みしたい銀行の口座を持っていなくても、申し込みと同時に口座開設をしたり、自分が指定をした口座に振り込みや引き落としの手続きをしてくれるところもあります。

また即日審査・即日融資が出来るところもあり、今すぐにお金を借りたいという人には助かりますよね。しかも銀行によっては収入証明書が不要なところもあります。

収入証明書が不要ということはそれだけ申し込みをするときの手間が省けます。申し込みをするときに必要な資料を揃えたり不備があったりすると融資までに時間がかかります。

審査から融資までの時間が短く総量規制対象外を利用したい場合は、即日審査・即日融資可能な銀行キャッシングを探しましょう。


更新情報